事業内容

美川あんずの家は、一人一人が生活の中で自分でできることを増やしたり、地域の人との交流を大切にしています。また、季節を感じる行事もみんなで楽しんでいます。

あんずの家〜働く支援〜

みんなで行う作業を中心に「働く」ことを意識して活動しています。あいさつなど社会の基本を意識しながら、リネン、アルミ缶、畑作業などを行っています。

リネン(洗濯物のしわ伸ばし)作業

毎日クリーニング業者が約5千枚の布を運んできます。
それを広げ30枚の束にしてクリーニング業者に渡します。

わける→広げる→そろえる→数える→袋に入れる→縛る→運ぶ
とたくさんの工程があり、できる作業を少しでも
増やしていけるよう日々頑張っています。

空き缶つぶし作業

アルミ缶などを、地域の人たちがあんずの家まで
持ってきてくれます。
袋を開ける→手でつぶす→足でつぶす→袋に入れる→運ぶ
とこちらにも、たくさんの工程があります。

畑仕事

昨年は、地域の方々に助けていただきながら
サツマイモの収穫をしました。
今年の4月からは、本格的な作業として行っていきます。
今年は何をつくるのかな?

サルビアの家〜生活の応援〜

作業は、しおりつくり、刺繍、編み物など、自分の得意なものに取り組んでいます。その他、生活の力をつけることを目指し、洗濯、掃除、炊飯、買い物などを行っています。

喫茶ルーム “やすまる”

地域の方とともに、温かい交流の場を実現したいと考え、
3月3日に、喫茶ルームをオープンいたしました。
おいしい焙煎コーヒーを飲みながら、ゆったりとした
お時間をお過ごしいただければと思います。

“布工房あんず”

利用者とボランティアが作った布製小物を販売しています。

「布々しおり」
小物を作ったときに出る、余り布切れを使って作ります。
布張り、袋入れ、シール張りを利用者全員で行っています。
「玄米ニギニギ棒」
中に玄米が入っている袋で、ダンベルのように使って全身体操を行うものです。

その他…

  • 刺しゅう
  • あみもの
  • 封筒つくり

パンの販売

地域のおいしいパンの委託販売をおこなっています。
毎週木曜喫茶「やすまる」での販売とイベントでの販売です。